スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和三銃士

初日開幕から我慢すること数日。
ようやくマイ初日を迎えることができました!
濱ちゃーーん

以下、ネタバレ含みますのでご注意下さい。
(ちなみに濱ちゃんとは関西ジュニアの濱田くんのことです)

【大和三銃士雑感】
新橋演舞場、ホームなようなそうじゃないような(笑)
でも通い慣れた劇場でございます。

・プロローグがあって、OPパートがあって、タイトルがどーんと出て、本編…という流れがTVみたい。
 このOPでは出演者が顔見せでどんどん出てくるので、アンサンブルファンにも優しい作りでした♪
・しかし濱ちゃんがカッコ良すぎて認識に少々時間かかったという(爆)
・濱ちゃん、イケメン枠!ステキ☆
・藤井隆さん、生きてたのね…と思ってしまうくらい久しぶりに見た。
・早乙女太一くんはどんな感じになるのか予測不能でしたが、「神州天馬侠」のときと同じような短髪スタイル。これが役の野生児っぷりにはとてもハマっていてよかったのですが、ファン的にはそろそろチャラっぽい太一くんも見たいです(笑)
・1幕は「起承」の部分なのでそりゃもう見どころ満載。それぞれのキャストのいいところをいっぱいアピールできるような演出でした。
基本的には殺陣が一番の見どころだけど、太一くんのどちらかというと大衆演劇のときの表情が見られるキャラだったり、獅童さんの凄み方だったり、濱ちゃんの柔らかい雰囲気やアクロバットだったり。
スタジオライフのマツシンこと松本慎也くんのアホ殿っぷりも素晴らしく。(褒めてます)
そしてなにより、早乙女友貴くんにちゃんと見せ場があって
・そんな友貴くん、こと、ゆっくんの舞いは見れるわ、殺陣もあるわ、セリフもあるわ(←おい)。
もっと端役で舞台のセンターに立つところなんて見れないと思っていただけに、めちゃめちゃ嬉しかった
途中、ゆっくんと太一くん2人で踊る場面があって、ゆっくんは旅一座の役者という設定だからきちんと舞っていて、太一くんは素人がハイになって踊ってる設定なのでやんちゃな感じに騒いでて。
この対比がすごい良かった。
お陰でゆっくんの舞いがより優雅に見えてね。ふふふ
いつのまにか兄より弟に愛がいってしまってる私なのでした。
・濱ちゃんのバテレンかぶれがこんなに似合うとは!一瞬だけ関西弁喋るサービスシーンもあり。
 ほんとに生き生きとしてました。
 なにより長髪ウィッグが新鮮で^^ といっても、関ジュ主演の舞台とか観に行ったことないので過去にそういうのもあったかもしれませんが。私的に、ね。
・マツシンと同じくライフから岩崎大さんも出ていたのですが…。まさかこんな端役とは><
 登場時に結構セリフ喋ってたからたくさん出てくるかと思いきや、見せ場はゆっくんより全然少なかったという。あれれ?ちょっともったいない。
・真琴つばささんを起用するからには、この女性はどこかで豹変するに違いないと期待してたら、最後までいかにもな「女性」でした。もちろん懐刀を振り回す気丈な女性だけど、本人もインタビューで言ってたように、もっとくの一的かと思いきや。
・2幕冒頭でほとんどの脇役さんたち退場。ここからの「転結」の展開が少しだるかったかなぁ。
 といっても獅童さんと真琴つばささんの見せ場なので、単に好きなキャストが出ていないから、かもですが^^;
・1幕がわりと丁寧に描かれていたのに、2幕の決戦に至る流れが唐突というか、強引というか。
 なんか色々省かれてる感あり。
・結論:1幕にチケ代の8割を払う感じかな。

でもゆっくんを観るという目的があるとはいえ、何回か通うのに抵抗は感じない楽しさがありました

ダブルカテコで濱ちゃんが挨拶!
あわあわして頭真っ白になってるのが可愛かったー
「なにかあったらまた観に来て下さい」って。
「なにか」ってなに(笑)

明日も観に行きます。
で、あさってからは新ちゃんたちのパッション紅葉。大好きなダンス公演です。
(歌も邦楽器演奏もあるけど。)
こちらも通います。
幸せ
スポンサーサイト

【お譲り先決まりました】神宮花火大会

お陰さまで花火の件は、お引き取り下さる方が見つかりました。
ご協力ありがとうございました!

しかし何年ぶりの生KinKi?
Iアルバムの出た年の冬コンは行ったんです。
でもこれもすでにしばらくのブランクを経てなわけですが。
えと、もしかして2006年?

…7年ぶりかぁ…
恐ろしい(笑)
奇しくもiDコン行った友人と今回の花火見に行くわけで。
なにをどのように感じるか楽しみだわぁ♪
やっぱりペンライトは必要ですか?

神宮花火大会にKinKiが出るときき、久しぶりに友人と盛り上がったのはいいのですが、
同時刻にお互いチケットが取れてしまったため、ダブってしまいました^^;
どなたか必要とされている方、いらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。

【お譲りします】 
日時:8月17日 17時半開演
会場:国立競技場

エイトコン

3年ぶり…

2009年のPUZZLEツアーぶりにエイトコンに行って参りました。

3年って長いような短いような…

しかもPUZZLEのときはあえてドームを避けて地方会場に行ったので、ドームは本当に久しぶり。
博貴が登場したときのエイトコン以来かなぁ。

ちょうど今、同じ敷地内の東京ドームシティーホールで舞台版「戦国BASARA」をやってまして、今はそちらのほうが私としては身近なくらい。
土曜も友人達がそちらに観劇にいってた模様(笑)

そんな浦島花子状態での参加は正直ドキドキ☆ものでしたが、8周年記念ツアーということもあって懐かしい楽曲コーナーもあり、むしろ時が止まってたんじゃないかと思うくらい記憶にあるセトリと変わりありませんでした。
たぶん、ずっと彼らを追いかけている人たちにとってのほうが懐かしいんじゃないかな(笑)
だって、私の記憶はこれらの楽曲で終わってるから、そこまで古く感じないんですもの(* ̄m ̄)

ずっと壁の飾りと化していた「章大」のウチワを持って、最新のペンラを購入して、飲み物も準備して挑んだドームコン。
うーん、しみじみと自分がジャニ畑出身だということを思い出しましたね(笑)
ドームで過ごした時間を延べるとかなりの時間になりますもの。
KinKiコン、カウコン、野球大会…

でもそれだけドームに慣れ親しんできたはずなのに、やっぱり最初に感じたのは「遠いなぁ(´・ω・`)」でした^^;
スタンド下段だったんですけどね。
昔だったら充分ウハウハな席です。

けど、最近は大きくてBLITZクラスですから。
フラットの立ち見なのでそれはそれで見づらい環境のときもありますが、しかし近さは全然違うわけで。
もうここ何年かはそういうライブハウスばかりな私にとっては、ドームの広さで見るコンサートはTVで見ている感覚に近いものがありました。

なんだろう。
楽しいけど、薄皮1枚隔てたところで行われているような感じ。

なんだか魂だけタイムスリップしてコンサートを見てきたかのような、非現実感が残っています。
ま、山車から身を乗り出していた章ちゃんの笑顔は非常にリアルに思い出せますけどね☆
可愛かった~~( *^艸^)

あと、懐メロコーナーでデビュー曲の「いろは」や、デビュー前に頻繁に歌ってた「旅人」で手振りをやっている人がいないことに軽く衝撃を受けました。
マジで!?
や、いろはに関しては私が見ている時代でも既にあまり踊らない人が多くなってたけど。
今回、私の周りで誰もやってなくて、いくらファンに世代交代があったとはいっても皆無ってどういうこと!?と少々打ちのめされた気分になりました。
友人から聞いてはいたけど、実感…

彼ら自身にそんな大きな変化はなかったけど、ファンに変化があったんですねー

それでもエイターはエイター。
彼らのことが好きなのは古今東西変わりません。(古今って/笑)
ジュニアもついていないから、純粋なエイターばかり。
それでドームが埋まるんですから、やっぱり8周年は伊達じゃないです。

ここまでなんだか一歩引いたような感想を書いてきましたが、実際は声出しまくってめっちゃ満喫してきました(笑)
そりゃもう、楽しまなきゃ損だし、エイトコンが楽しくないはずがないので。

一抹の寂しさや感傷があったことも確かですが。

8周年という区切りの年、追加公演が決まったことも、そして本来なら11月10、11日は上海でD☆Dの公演を見ていたはずが、中国の関係悪化のために公演が中止になり、その時点でまだ追加公演の申し込みを受け付けていたのも運命。

今の彼らを生で見られてよかったです。

次はまた何年後になるやら(笑)

最後はファンも全員手を繋いでの「俺たちがーー、関ジャニ∞!!」をやってきました(*´∇`*)
お隣が若い男の子でね、手を繋ぐのもドキドキしましたよ( ^◇^;)ゝ

すっかりクリスマスモードのドーム敷地内を、高揚感と祭の後の寂しさを少し抱えながら歩いて帰りました。まる。

20121110.jpg

へびーろーてーしょーん♪

皆様絶賛Gravity中でしょうか。

アルバム予習してからライブに行くのもいいけど、
私は先入観なしでいきなりライブで見てからCD聴くのが好きなんです。

やっぱり生に敵うものはないから。
光ちゃんの考えた演出で光ちゃんが伝えたいものを受け取ってからのほうが、
CDの曲たちが立体的に自分の中に入ってくる気がします。

何曲か、CDで最初に聴いたらあまりツボにハマらなかっただろうなぁという曲があって、
でもライブパフォーマンスが好きだから、そういう「好み」を飛び越えて「お気に入り」にランクインしてるんですよね。
だから「Gravity」は苦手な曲とかがほとんどない状態です^^

そうそう。
光ちゃん作曲のナンバー、聴いてもわからなかったらちょっとショックだなーと思ってましたが、もうイントロ聴いた瞬間に分かりましたわ(笑)
ドリボの系統ですもん。
あ、でも「Fallen Angel」の方は1回目の公演のときは、光ちゃんの曲があるということ自体失念して見てたので、あまり意識してなかったせいかスルーしてしまってました。
2回目にはすぐ分かりましたけど。
アルバム「mirror」の雰囲気を踏襲してますよね。

それぞれの曲の感想は横アリが終わってからかなぁ。

関西遠征は私的には非常に有意義に過ごすことができました。
神戸公演2日間見る予定だった友人たちは、公演中止の憂き目にあってしまって少し残念な思いをしたようですが。
大阪公演へ振り替えはされますが、会場が違いますしね。
神戸ワールド記念ホールはやっぱり横アリや城ホールに比べれば狭い会場だから花道とか近いですもん><

そういえば福岡で台風に直撃されたときもありましたっけ。
懐かしいなぁ。

土曜はGravityコンを見て、
日曜はライブハウスで熱いMDRライブ見て。

ここまでは非常に良い流れだったんですが、
16時に新幹線乗って(この時点では通常運転だったんです)
なぜか東京についたのは22時半でしたわ^^;

まさか台風に追いつかれるとはΣ( ̄Д ̄;)
しかも、新幹線がストップしてしまったのが豊橋だったんですが、
アナウンスで「現在台風は豊橋に上陸したようです」と流れたときには笑ってしまいました。
新幹線に直撃やん☆

すごい暴風雨にさらされて、停車してる新幹線の車体が揺れる揺れる。
ひっくり返されるかと思いました。
ちょっと面白い体験でしたね。

幸い車内はそれなりに空いてて、私は3席を独り占めだったので、足を伸ばしてくつろげたのがよかったかも。
以前三重でのエイトコン帰りに豪雨でストップしてしまったときより何倍も楽でした。
(あの時は満席で辛かったなぁ)

この三連休は晴れますように(-人-)

明日と、8日の2公演見てきます。
そしてそれがマイ楽になります。

神戸ではひたすら「ツアーにCD発売が間に合わなくて本当に申し訳ない」と平身低頭でしたけど、横アリではどうなるか楽しみです♪
「ちゃんと予習してきた?」って言いそう☆

ちなみに関係ありませんが「Supersonic」が「DANGER ZONE」の次に好きかもしれません。
途中のメロディーが「ノマノマイェ~♪」に聴こえてしょうがないww
(「恋のマイアヒ」ね。)
ノリはちょっと「IN&OUT」に通ずるものがあると思うのですが。

いかん、感想書き始めたら止まらない(笑)

もう寝よ。

また出遅れる

光ちゃんファンのスタートダッシュの早さをいつも忘れてしまいます(笑)
アマジョンで既に限定盤Aが受付中止になっておった^^;
とりあえず新星堂で予約したけども。

神戸公演は周辺のホテルがいっぱいなので、次の日のことも考えて大阪に一泊することに。

行きの新幹線は、MDRの淡路島ツアーに参加する友人と一緒にいって、新大阪で別れたらまずホテルにチェックイン。
それから光ちゃんのソロコンいって、新大阪戻ってきて一泊。
次の日CO12時までなのでゆっくりしてから大阪のRUIDOへ。
MDRライブ参戦して気ままに帰京。

なんとも光ちゃんと新ちゃんが入り乱れてる感じだけど、これが私の2兎追うスタイルです(笑)
最近玉ちゃんが加わったから3兎追ってるんだけども☆

その前に明日は久しぶりのハニエルライブです(*´∇`*) ←4兎目
たーのしーむぞーヽ(^◇^*)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。