スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャニーズジャージ

ソファ形式になった堂本兄弟ですが、
このほうが見易いですね。
なんだろう、イスだとやっぱりゲストと距離空けてる感じが出ちゃうのかな。

おシャレタウンをジャージで闊歩する光ちゃんは素敵に怪しい人だけど、ちゃんと誤魔化す術を身につけたのね(笑)
確かにちょっと小走りになるだけど、一転してカッコよく見えるね。

ジャニーズジャージこそ、その画像をSMGOに載せてくれたらいいのに。
「新しいジャージです」の一言だけ添えてさー
そんなことは頭にないんだろね。
誰か入れ知恵してあげて。

しかし、それって、あまりにも同じジャージばかり着ている光ちゃんを不憫に思って事務所が作ってくれたんじゃなかろか^^;
いっそコウイチブランドとして売り出せば、それなりに売れると思います☆(もちろん光ちゃんは名前貸してくれるだけか、「光一も使っている…」という意味で貢献していただければOK)
「ジャニーズ」の代わりに「SHOCK」とか「KOICHI」と書いてくれたらそれで出来上がり(笑)
デザインは24karatsっぽいのが希望vv


さて、またいつものごとく近況と予定を。
最近は少し落ち着いていて、4月前半は舞台「メモリーズ4」と「鴉~04」、ライブはVenomstripのみ。
大人しいものでした。
Venomstrip(元マッキーズ)ライブではオリジナル曲のラインナップの中に、1曲だけカバーとして「So young blues」を演ってくれて嬉しかったです。
なんだか懐かしかったなぁ。

「鴉~04」は今人気上昇中の、若手俳優集団「D-BOYS」の舞台なんですが、ジャニ舞台っぽいものを想像してたら大間違いでした^^;
ジャニっ子たちは確かに器用で演技も下手ではないけれど、セリフ回しは上手くてもそれはあくまでもTV的演技だったり、動きや立ち位置が素人っぽかったりと、「舞台」の演技としては独学な感じがあるのよね。
それに比べたら、D-BOYSくん達は普通に「俳優」でした。
小劇団の舞台を見ているようで、かなり興奮!
これこれ、私が好きなのはこれなんだなーって。
食わず嫌いをしている方がいたら、ぜひ一度見てみて欲しいステージでしたね。
脚本がフラガールなどを手掛けている人で、演出は劇団「扉座」の元看板俳優だったりと、支える側が若い俳優を使い慣れている人達というのも勝因でしょうが。
(ちなみにその看板俳優さんが好きだったために、今回思い切ってDボの舞台を観に行ったのでした。)

来週からは怒涛の日々がまたやってきます。
23日~30日までは新吾くんも出るD☆D+αの「SAKURA chacha」全8公演。
元Jrの良知くんも出演します。
頑張って全ステするなり☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。