スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイトコン

3年ぶり…

2009年のPUZZLEツアーぶりにエイトコンに行って参りました。

3年って長いような短いような…

しかもPUZZLEのときはあえてドームを避けて地方会場に行ったので、ドームは本当に久しぶり。
博貴が登場したときのエイトコン以来かなぁ。

ちょうど今、同じ敷地内の東京ドームシティーホールで舞台版「戦国BASARA」をやってまして、今はそちらのほうが私としては身近なくらい。
土曜も友人達がそちらに観劇にいってた模様(笑)

そんな浦島花子状態での参加は正直ドキドキ☆ものでしたが、8周年記念ツアーということもあって懐かしい楽曲コーナーもあり、むしろ時が止まってたんじゃないかと思うくらい記憶にあるセトリと変わりありませんでした。
たぶん、ずっと彼らを追いかけている人たちにとってのほうが懐かしいんじゃないかな(笑)
だって、私の記憶はこれらの楽曲で終わってるから、そこまで古く感じないんですもの(* ̄m ̄)

ずっと壁の飾りと化していた「章大」のウチワを持って、最新のペンラを購入して、飲み物も準備して挑んだドームコン。
うーん、しみじみと自分がジャニ畑出身だということを思い出しましたね(笑)
ドームで過ごした時間を延べるとかなりの時間になりますもの。
KinKiコン、カウコン、野球大会…

でもそれだけドームに慣れ親しんできたはずなのに、やっぱり最初に感じたのは「遠いなぁ(´・ω・`)」でした^^;
スタンド下段だったんですけどね。
昔だったら充分ウハウハな席です。

けど、最近は大きくてBLITZクラスですから。
フラットの立ち見なのでそれはそれで見づらい環境のときもありますが、しかし近さは全然違うわけで。
もうここ何年かはそういうライブハウスばかりな私にとっては、ドームの広さで見るコンサートはTVで見ている感覚に近いものがありました。

なんだろう。
楽しいけど、薄皮1枚隔てたところで行われているような感じ。

なんだか魂だけタイムスリップしてコンサートを見てきたかのような、非現実感が残っています。
ま、山車から身を乗り出していた章ちゃんの笑顔は非常にリアルに思い出せますけどね☆
可愛かった~~( *^艸^)

あと、懐メロコーナーでデビュー曲の「いろは」や、デビュー前に頻繁に歌ってた「旅人」で手振りをやっている人がいないことに軽く衝撃を受けました。
マジで!?
や、いろはに関しては私が見ている時代でも既にあまり踊らない人が多くなってたけど。
今回、私の周りで誰もやってなくて、いくらファンに世代交代があったとはいっても皆無ってどういうこと!?と少々打ちのめされた気分になりました。
友人から聞いてはいたけど、実感…

彼ら自身にそんな大きな変化はなかったけど、ファンに変化があったんですねー

それでもエイターはエイター。
彼らのことが好きなのは古今東西変わりません。(古今って/笑)
ジュニアもついていないから、純粋なエイターばかり。
それでドームが埋まるんですから、やっぱり8周年は伊達じゃないです。

ここまでなんだか一歩引いたような感想を書いてきましたが、実際は声出しまくってめっちゃ満喫してきました(笑)
そりゃもう、楽しまなきゃ損だし、エイトコンが楽しくないはずがないので。

一抹の寂しさや感傷があったことも確かですが。

8周年という区切りの年、追加公演が決まったことも、そして本来なら11月10、11日は上海でD☆Dの公演を見ていたはずが、中国の関係悪化のために公演が中止になり、その時点でまだ追加公演の申し込みを受け付けていたのも運命。

今の彼らを生で見られてよかったです。

次はまた何年後になるやら(笑)

最後はファンも全員手を繋いでの「俺たちがーー、関ジャニ∞!!」をやってきました(*´∇`*)
お隣が若い男の子でね、手を繋ぐのもドキドキしましたよ( ^◇^;)ゝ

すっかりクリスマスモードのドーム敷地内を、高揚感と祭の後の寂しさを少し抱えながら歩いて帰りました。まる。

20121110.jpg
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。