スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和三銃士

初日開幕から我慢すること数日。
ようやくマイ初日を迎えることができました!
濱ちゃーーん

以下、ネタバレ含みますのでご注意下さい。
(ちなみに濱ちゃんとは関西ジュニアの濱田くんのことです)

【大和三銃士雑感】
新橋演舞場、ホームなようなそうじゃないような(笑)
でも通い慣れた劇場でございます。

・プロローグがあって、OPパートがあって、タイトルがどーんと出て、本編…という流れがTVみたい。
 このOPでは出演者が顔見せでどんどん出てくるので、アンサンブルファンにも優しい作りでした♪
・しかし濱ちゃんがカッコ良すぎて認識に少々時間かかったという(爆)
・濱ちゃん、イケメン枠!ステキ☆
・藤井隆さん、生きてたのね…と思ってしまうくらい久しぶりに見た。
・早乙女太一くんはどんな感じになるのか予測不能でしたが、「神州天馬侠」のときと同じような短髪スタイル。これが役の野生児っぷりにはとてもハマっていてよかったのですが、ファン的にはそろそろチャラっぽい太一くんも見たいです(笑)
・1幕は「起承」の部分なのでそりゃもう見どころ満載。それぞれのキャストのいいところをいっぱいアピールできるような演出でした。
基本的には殺陣が一番の見どころだけど、太一くんのどちらかというと大衆演劇のときの表情が見られるキャラだったり、獅童さんの凄み方だったり、濱ちゃんの柔らかい雰囲気やアクロバットだったり。
スタジオライフのマツシンこと松本慎也くんのアホ殿っぷりも素晴らしく。(褒めてます)
そしてなにより、早乙女友貴くんにちゃんと見せ場があって
・そんな友貴くん、こと、ゆっくんの舞いは見れるわ、殺陣もあるわ、セリフもあるわ(←おい)。
もっと端役で舞台のセンターに立つところなんて見れないと思っていただけに、めちゃめちゃ嬉しかった
途中、ゆっくんと太一くん2人で踊る場面があって、ゆっくんは旅一座の役者という設定だからきちんと舞っていて、太一くんは素人がハイになって踊ってる設定なのでやんちゃな感じに騒いでて。
この対比がすごい良かった。
お陰でゆっくんの舞いがより優雅に見えてね。ふふふ
いつのまにか兄より弟に愛がいってしまってる私なのでした。
・濱ちゃんのバテレンかぶれがこんなに似合うとは!一瞬だけ関西弁喋るサービスシーンもあり。
 ほんとに生き生きとしてました。
 なにより長髪ウィッグが新鮮で^^ といっても、関ジュ主演の舞台とか観に行ったことないので過去にそういうのもあったかもしれませんが。私的に、ね。
・マツシンと同じくライフから岩崎大さんも出ていたのですが…。まさかこんな端役とは><
 登場時に結構セリフ喋ってたからたくさん出てくるかと思いきや、見せ場はゆっくんより全然少なかったという。あれれ?ちょっともったいない。
・真琴つばささんを起用するからには、この女性はどこかで豹変するに違いないと期待してたら、最後までいかにもな「女性」でした。もちろん懐刀を振り回す気丈な女性だけど、本人もインタビューで言ってたように、もっとくの一的かと思いきや。
・2幕冒頭でほとんどの脇役さんたち退場。ここからの「転結」の展開が少しだるかったかなぁ。
 といっても獅童さんと真琴つばささんの見せ場なので、単に好きなキャストが出ていないから、かもですが^^;
・1幕がわりと丁寧に描かれていたのに、2幕の決戦に至る流れが唐突というか、強引というか。
 なんか色々省かれてる感あり。
・結論:1幕にチケ代の8割を払う感じかな。

でもゆっくんを観るという目的があるとはいえ、何回か通うのに抵抗は感じない楽しさがありました

ダブルカテコで濱ちゃんが挨拶!
あわあわして頭真っ白になってるのが可愛かったー
「なにかあったらまた観に来て下さい」って。
「なにか」ってなに(笑)

明日も観に行きます。
で、あさってからは新ちゃんたちのパッション紅葉。大好きなダンス公演です。
(歌も邦楽器演奏もあるけど。)
こちらも通います。
幸せ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。